ふすまの張替え 網戸LPへ

張替屋の年末大掃除特集③ツキを呼ぶ和室掃除編

2018年3月19日

おはようございます。
静岡市でふすま・障子・網戸・畳の張替屋を営んでおります、金沢屋日本平店です。

前回の記事で予告していた「和室掃除編」です。
大掃除のご参考になればうれしいです。
(参考文献:神様がやどるお掃除の本)

まずは、和室を綺麗に保つといい理由から。

 

きれいな和室ですね~。

 

 

 

和室を綺麗にすると上がる運気は何?

和室を綺麗にすると、家族運・健康運がアップし、家運を高めるそうです。

和の空間は、神さまにとっても落ち着ける場所で、和室が綺麗だと、いつまでも心地よく滞在してくれます。

ポイントは「畳」。畳を清潔に保つことで、神さまが喜び、対人運が良くなっていきます。

和室に宿る神さまは?

 

 

 

 

 

和室で主に守ってくれる神さまは、

【大年神、天照大神…家全体を守ってくれる幸運の神】

【志那都比古神…風を送ることで空気をきれいにし、幸運を運んでくれる】

【納戸神…財産を守って金運アップしてくれる神】

そもそも大掃除の本来の目的が「年末に大掃除をして新年に年神さまをお迎えする」ことなんですよね。

大年神は穀物神なので、五穀豊穣(「五穀」は米、麦、粟、黍または稗、豆の5種類の穀物のこと。 「豊饒」は作物などが豊かに実ること。)、無病息災(病気をすることなく、健康で元気に暮らすこと。)、家内安全(家屋や家族に災害や疾病などの問題がなく、平穏で安心なこと)などのご利益があります。

 

天照大神は、天地を照らし、植物を成長させ、飢饉や疫病などの災いを一掃してくれる神さまとして昔から崇められています。

 

志那都比古神は風を司る神で、悪い空気であるよどみやほこりを吹き飛ばしてくれます。人間関係をよくしたり、運を変えたい時にも活躍するそうです。

 

納戸神は家宝を守る屋敷神です。家の中でもっとも奥の部屋は昔は重要な空間とされていました。
段々とその重要性が失われ、布団などをしまう納戸として使われるようになりました。家の中にカビが生えないように定期的に風を通し、整理整頓することでこの神さまの居場所ができて、財産が守られるそうです。

和室の良い状態とは?

障子・ふすまなどに破損がない ←ここ重要です!(^^)b 直したい方はご連絡ください。

・部屋の隅にほこりなどがたまっていない

・歩いても座っても畳の清々しさを感じる

・布団が敷きっぱなしになっていない

 

次の記事で和室の具体的なお掃除方法をご紹介します。アライグマの大掃除

 

 

アライグマも頑張ってます。