ふすまの張替え 網戸LPへ

桃の節句(雛祭り)に似合うふすまシリーズ(最終回)

2018年2月28日

おはようございます。
静岡市でふすま・障子・網戸・畳の張り替え屋を営んでおります、金沢屋日本平店です。

2月も明日で終わりです。
2月はただでさえ日数が少ないのに、終わるのが早く感じました。
一つは私自身の用事の多さと、オリンピックですね、やはり(^^;)

今回の冬季オリンピックは、女性の活躍が目立ったように感じます。
今年初節句を迎える女の子は、大きくなったらどんな女性になるんでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で、今回も初節句・雛祭り・桃の節句に似合うふすま紙をご紹介させていただきます。
「かわいらしく」ても「かっこよく」ても「たくましく」てもいいと思っています。

お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんの願いは、「生まれたばかりのこの子たちが、元気で自分らしく生きること」ではないでしょうか?

そんな願いを、お雛様にも籠めることができますし、ふすまの柄でも表すことができると思います。

今回は「しだれ桜」です。
個人的にこのような「さがり模様」が好きです。

「総柄(全体に模様が入っている)」や「腰模様」と言われる半分より下に柄が置かれるものが多いからです。

桜の木の下にいて、今にも花びらが自分に舞ってきそうな気がしませんか?

桜を「全体像」として眺めるか、「木の下にいるような感覚」で眺めるか。

これもまたお好みかと思います。

 

是非、ご検討ください。
桃の節句のシリーズはこれにて一旦終了とさせていただきます。
次回は、「柄の持つ意味~縁起物としてのふすま~」をシリーズでお送りしたいと思います。
お楽しみに!

 

ふすま・障子・網戸・畳の張替えは静岡の金沢屋日本平店にお任せください(^^)
お問い合わせ、お見積りについては、電話またはLINEにてお伺いさせていただきます。

友だち追加