ふすまの張替え 網戸LPへ

障子が破れるパターンあるある

おはようございます。

静岡市駿河区の張替本舗 金沢屋日本平です😃。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます🙇

数年前、賃貸マンションに住んでいた時、和室に障子がありました。
破らないように…と気を付けていたのですが、最終的には2か所穴をあけてしまいましたね~。

皆さんは、「あっ!やっちゃった!」となるのはどんなパターンですか?

1、引き手ではなく、桟の部分で開けようとしてズボッ!

これは、住んでいる方よりも、お客様がやってしまう可能性ありですね。
窓際だけに障子がある方よりも、部屋の区切りに障子がある方に多そうです。


2、窓に洗濯物を干していて、干す時、取り込む時にハンガー等が引っかかった。

うちは、2回ともこのパターンです。
ちょっと慌ててたり、一度にたくさん取り込もうとした時にやってしまいました。

3、長いものを持っていて、目測を誤る

自分が思っていたよりも、手に持っていたもの、扱っていたものが長くて、ボスッと刺さってしまった、という時。

 

 

他にもあると思います。
教えていただけると嬉しいです^^

普通の戸とは違うので、扱うのにも繊細さが要求される障子。
その分、味わいがあるというのも、うなずけますね。

そんな繊細な障子の張替えは、張替専門店にお任せください。
障子の張替えだけでなく、ふすま・網戸・畳の張替えも行っております<(_ _)>。

お問い合わせ、お見積りについては、電話またはLINEにてお伺いさせていただきます。

友だち追加 ↑クリックすると友達に追加できます↑