ふすまの張替え 網戸LPへ

網戸が動かない!修理を頼む前にできることは?

2018年10月17日

おはようございます。

地域密着、静岡市駿河区の張替え専門店・金沢屋日本平店です。
ふすまの張替え/障子の張替え/網戸の張替えはお任せください!

蒸し暑い毎日が続いています。お天気の方も雨が降ったり晴れたり不安定で天気予報もあてになりませんね。張替えたふすまや障子をいつ運ぼうか予定が立たずに困ってしまいます。

庭のブラックベリーが終盤です。
熟れたブラックベリーは甘酸っぱくてとてもおいしいのですが、少しでもとるのが早いととても酸っぱいんです。そして、傷むのも早いのでまだ少し早いかなと思って残しておくと傷んで食べれないなんてこともよくあります。絶妙のタイミングで収穫しないとおいしいブラックベリーが食べれないので、おいしいブラックベリーは貴重です。

さて、本題の網戸の話です。

網戸の調整

網戸がうまく動かない!ということありますよね。

いろいろな原因があるのですが、いくつか調整すると快適になりますのでその調整のポイントをまとめてみます。

用意するもの

  • ぞうきん
    外にあるものなので汚れています。触ると手も汚れます。
  • プラスドライバー
    調整はネジを締めたり緩めたりします。
  • すべりスプレー(あれば)
    動きがスムーズになります。
  • ほうきやブラシ
    レールの埃やごみ、汚れを掃除します。

確認するポイント

  1. 壊れてしまうことがあります。もし割れてしまっていたり、手で触ってもうまく回らない場合には交換が必要です。手で触ってスムーズに回るようならOKです。
  2. 戸車
    直接動きに関係するのは何といっても戸車です。
    網戸を外して下側を見てください。両端に戸車がついていると思います。
    網戸の外し方は通常の引き戸の外し方と同じです。網戸を持ち上げて網戸の下端を外側へ外します。網戸の下端がレールから外れたらそのまま下へ下げると上のレールから網戸が外れます。網戸が上に上がらない場合には外れ止めを確認してください。
    いろいろなタイプの戸車があるのですが、多くはプラスチックでできた戸車がついています。
    プラスチックですので、長い年月で劣化して割れてしまうことがあります。
  3. レール
    網戸が乗っているレールを見てください。レールの周囲が落ち葉やほこりなどで詰まっていないでしょうか?障害物があるとうまく動きません。障害物がある場合にはお掃除してください。

  4. 網は動きには関係ありませんがせっかくなので傷んでいないかチェック!
    穴があいていませんか?指でかるくこすってみて手に白い粉のようなものがつくようだと網は寿命を迎え破れる寸前です。少し強い力が加わると破れてしまいます。張替えましょう。

調整するポイント

チェックしたら次は調整です。

  1. 戸車
    まずは戸車です。戸車がレールにちゃんと乗っていないとスムーズには動きません。
    下から眺めてみて戸車がちゃんとレールに乗っているか確認しましょう。さらに網戸をよく使う側に閉じた状態で窓枠との間に隙間がないか確認しましょう。
    上は閉じているのに下は隙間がある。もしくはその逆で下は閉じているのに上は隙間がある。
    そんな場合には戸車の高さを調整します。
    多くの場合は上の絵の矢印の位置に横から見ると調整用のネジがあります。
    ネジを右に回すと戸車が出てきて網戸が高くなります。逆に左に回すと戸車が引っ込んで網戸が低くなります。左右それぞれの戸車の高さを調整して網戸の傾きを調整します。上の写真は戸車の部分を横から見た状態です。ネジが2つ見えます。
    左のねじは網戸枠を固定しているネジなのできちんと締めた状態にしておきます。
    戸車の調整は右側のネジで行います。(いろいろな形状のものがあるのでネジの位置や大きさ、数が今回ご紹介したものと違うことがあります。)戸車を引っ込めすぎると網戸が窓枠に当たって動きが悪くなりますので引っ込めすぎにはご注意を!
  2. 外れ止め
    次に外れ止めの調整です。
    外れ止めは多くの場合網戸の上側両端赤丸の位置についています。これまたいろんな形のものがあるのですが、比較的新しいものは矢印の方向から見るとネジがあるのが見えます。
    ネジを緩めると外れ止めが上下にうごきます。
    外れ止めは上げすぎると網戸が動かなくなってしまいます。しかし、下げすぎてあまりゆるいと網戸がレールから外れて動きが悪くなりやすいのです。動かなくならない範囲でできるだけ上にあげてネジで位置を固定します。
    こちらの写真が外れ止め部分を横から見たものです。
    こちらもネジが2つ見えますが上の奥の方にあるネジは枠を固定しているネジなのでしっかりと締めておきます。
    下のネジを緩めると黒いプラスチック部品(光が反射して白っぽく見えますが。。)が上下に動きます。
    (いろいろな形状のものがあるのでネジの位置や大きさ、数が今回ご紹介したものと違うことがあります。)
  3. レール
    レールはきれいに掃除してください。すべり剤などを塗っておくとスムーズに動くようになります。

修理

網の張替

網が破れてしまっている場合。何かとがったものをぶつけてしまってできた小さな穴なら補修キットなどを張り付けて補修できます。
そうではない場合には網の寿命です。張替を検討しましょう。

戸車の交換

戸車を見て、割れてしまっていたり手で触っても回らなくなっている場合には交換が必要です。
ただ、戸車も非常に多くの形のものがありますので同じ形、サイズのものをさがして付け替えることになります。また古いものだとすでに供給が停止され同じものが入手できない場合があります。
そんな場合には汎用の戸車もあります。網戸のサイズにあったものをつけるとスムーズに動くようになります。

網戸の交換

  1. 網戸の枠が傷んで曲がってしまっている。
  2. 戸車や外れ止めなどの部品が劣化して割れてしまっていて、交換部品がすでに供給されていない。
  3. 窓枠のひずみなどにより網戸のサイズと窓枠のサイズが合っていない。(大きすぎもしくは小さすぎ)

そんな場合には網戸を交換することになります。窓枠のサイズに合わせた網戸を購入しましょう。

網戸の取付

そもそも網戸がないところに新しく網戸をつけたい。
そんな場合には、網戸レールを取付て新しい網戸を購入してつけます。

 

網戸の調整ができない方もお電話一本で張り替え・調整致します。

ふすま、障子、網戸、畳、クロスなど
張替えのご依頼は静岡市駿河区の張替専門店 金沢屋日本平店へ!!
表装・リフォームも承ります。
お気軽にお電話ください。