ふすまの張替え 網戸LPへ

地震の際に怖い存在~ブロック塀の撤去について

2018年7月25日

おはようございます。
金沢屋日本平店です。

先日の大阪の地震では友人が高槻市に在住していすので、大変心配しました。
(先週の金曜日に数年ぶりに会ったばかりでした)
無事が確認できてホッとしました。
ただ、高槻市の小学校で9歳の女の子が地震の被害に巻き込まれてしまったことに、胸を痛めております。私の子どもと同じくらいの年なので、余計に気になっている事故です。

 

仕事柄、地域にポスティングに行く際やお客様のお宅に伺う道中にブロック塀がまだまだ多いことが気になっています。
今回の災害の件で、ブロック塀に関して多くの報道がされています。
家の中の耐震だけでなく、外構の安全についても居住されている方は意識しなければなりません。

 

かく言ううちの実家も、道沿いに古いブロック塀が高さ1m70cm✕長さ1mあります。
今回の大阪北部地震を受けて、親とこのブロック塀を低く切るか、撤去しようという話になりました。
これから行政に補助金について確認し(道路の条件が気になっています)、撤去していきます。
その経過をこちらでもお知らせしていこうと考えております。
ブロック撤去をお考えの方の一助になれば幸いです。

 

先程、静岡市ではありませんが、同じようにブロック塀について気になっていて色々調べられた方のブログを拝見しましたので、ご紹介させていただきます。
(許可をいただいてのご紹介です)

 

ブロック塀の撤去費用って、結局いくら!?」(三島|沼津|食育ママのお弁当教室と防災教室)

 

自治体によって対応は違うかもしれませんが、静岡市もおおむね同じ条件かと思われます。
これはお家の方が申請していくことになりますので、当店でも申請についてサポートさせていただきます。

 

最後に、今回の震災でお亡くなりになられた方に謹んでお悔やみ申し上げます。
また、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。