ふすまの張替え 網戸LPへ

静岡市にある張替屋スタッフの「日本の『これってなんで?』」シリーズvol.1

2019年5月9日

おはようございます。
静岡市駿河区でふすま・障子・網戸・畳の張替え屋を営んでおります、金沢屋日本平店です。

ホームページのブログを書いているのは当店スタッフです。
営業・広報などを主に担当しております。
忙しい時は障子をはがしたり網戸を拭いたり等の実務的な補助もしています。
改めましてよろしくお願い致します。

ちなみに、ブログ内には代表が書いているブログもあります。
張り替えやリフォームについて、詳しく説明している記事が多いです。
ちなみに庭いじりが好きなので、ブログの冒頭に庭の植物の写真も紹介しております^^。

興味のある方は、代表ブログカテゴリーをクリックしてみてください。

普段から色々書かせていただいておりますが、今回もシリーズものを。
(「幸せを呼ぶ和室作り」シリーズは以下の通りです。)
その1.畳の敷き方
その2.ふすま・障子
その3.畳の原料・い草の効能
その4.畳の効能その2

日本の『これってなんで?』シリーズVol.1は、書こうと思った理由から。

昔から言われているもので、「迷信」だったり「礼儀」やマナーになっているものがあったりしますよね。

でも、その理由や成り立ちは知らなかったりします。
漠然と「こうした方がいいって、昔から言われてるのよ!」と言っても、子どもに「何で?」と訊かれると、困ってしまうこと、ありませんか?

私自身「歴女」まではいかないですが、小さいころから日本史が好きです。

小学校の図書館では「まんが日本の歴史」が愛読書。

年代ごとのものより、歴史上の人物一人一人に焦点を当てたシリーズが好きでした。

小学校に上がる前、兄が親から「小学〇年の学習」というような雑誌を定期購読させてもらっていたので、それを読むのが好きだったのがきっかけです。

(小さかったので、漫画部分しか読めなかった)

 

身近な習慣やしきたりというものの裏には、日本の文化や習慣があります。

今となっては必要かどうか?時代に合っているかどうか?という問題はさておき、自分たちの発想のルーツを知るのはなかなか面白いです。

それぞれの国の「国民性」があるように日本の国民性も「習慣」が根拠となっているし、習慣にも「根拠」があったと思うからです。

 

私が参考にさせていただいた本は2冊。

興味のある所だけを書き出しているので、民俗学に興味を持たれた方は、是非本を読んでみてください。

 

今ではネットがあって、ちょっと興味がわいたことを調べるのには便利です。

私もかなり多用しています。

でも、やはり本で読むのが落ち着きます。

 

「ちょっと興味がわいてきた」と思ってもらえるとうれしいです。

 

ふすま・障子・網戸の張替えだけでなく、畳の張替えも金沢屋日本平店にお任せください^^。
お問い合わせ、お見積りについては、電話またはLINEにてお伺いさせていただきます。

友だち追加 ↑クリックすると友達に追加できます↑