ふすまの張替え 網戸LPへ

自分で張り替える人が多い?~上手な張り方にはコツがある~

2018年6月22日

おはようございます

静岡市駿河区の張替本舗 金沢屋日本平店です😃。
ブログをご覧いただき、ありがとうございます🙇

昨日ようやく雨が降って「いよいよ梅雨らしい季節が続くのか??」と思ったら、今日はまた快晴。
洗濯物が乾くのはありがたいのですが、植物は大丈夫なのかな~と思ってしまいます。

ここ数年、夏でも冬でも取水制限がないですが、昔はよくありました。
真夏の取水制限は本当にきついです^^;
ほどよく梅雨らしい日が来ることを望みます。

静岡は自分で張り替える方が多い??

他の地域のことはわかりませんが、静岡の方は、障子を自分で張替える方が多いんだな~と感じています。
なぜかな?と考えると、これは私の思いつきでしかないのですが、冬でも雪が降らない温暖な地域だからじゃないか?と。

静岡市の冬と言えば

特に近年は、年末の大晦日でも日中かなり暖かい。
そして、静岡県の中でも特に静岡市の冬は、降水量が少なく晴れる日が多い。
なので、大掃除に障子張りをやれてしまう。
雪が降る地域では、そうもいかないんじゃないか?と考えました。
あくまで推測です

とにかく、「障子は自分で張替えるよ」という声もよく聞きますし(年配の方が多いかな?)、道を歩いていて何気なく障子が目に入ると「あ、多分おうちの方が張替えているんだろうな」とわかるものがあります。

…後者については、多分プロの仕事ではないな(←失礼?)と見て思うだけです

素人っぽさが抜ける張り方のコツとは?

当店にも「前は自分(もしくは家族)が貼っていたんだけど、今回は依頼した」というお客様がいらっしゃいます。
「こうしたら、もう少しプロっぽい仕上がりになるのにな」と思うことがしばしば。

なので次回「こうしたら、もう少しプロっぽい仕上がりになる」という点を書こうと思います。
まずは「はがす時にここをきちんとやるのが、上手な貼り方の重要ポイント!」です。

言われてみたら当たり前のことでも、案外軽視して張っていることが多いかも…?

では、また明日の更新をお待ちください!(・∀・)つ